ダッチオーブンのすすめ

0000010611

アウトドア好きのみなさんなら耳にしたことある「ダッチオーブン」。

最近は、家でダッチオーブンを使うことも多いみたいなので、もしかしたら他の方も知ってるかもしれませんね。

そんなダッチオーブンを素晴らしさを伝えるための記事です。

なんでも作れるダッチオーブン

ダッチオーブン、なんでもできます。
焼く、揚げる、蒸す、燻す、茹でる
フタに持ち手のついたものであれば、そのままクッカーになる優れもの。
炒め物だってできてしまう。

もちろん、その名の通り「オーブン」の代わりにだってなります。
ピザやパン、ケーキも作れちゃう。

ホントにアウトドアだけでなく、インドアでも使われる理由がわかります。

ダッチオーブンの特徴

そんなダッチオーブンの特徴をご紹介します。

  • ダッチオーブンで作ると、深い味になる(誇張してるわけではなくてホントに)
  • とにかく重い(割れやすいものもあるので取扱注意)
  • パフォーマンス(魅せる方)最高

味わい深い料理になる

そうなんですよ、ダッチオーブンを使うと味わい深くなります。
それは多くのダッチオーブンが鋳鉄製で、鍋自体から発せられる遠赤外線が関係してるみたいです。

遠赤外線といえば、石窯オーブンレンジや、炭火なども発していますね。
遠赤外線で、なぜ料理が美味しくなるのか、は、こちらのブログに書いてあります。

この後、紹介しますが、鋳鉄製以外のオーブンもあります。
取り扱いのしやすさ等も変わってきますので、好みに合ったものを選ぶのがベストですが
赤外線量は、やはり鋳鉄製が多いそうです。(こちらのブログ参照

重い。

とにかく重い。アウトドアでは持って行くのに躊躇するほど重いんです。
ま、結局持ってくんですが。

そして、鋳鉄製のものは扱いが悪いと割れてしまったりします。
とくに強い衝撃や急激な温度変化に弱いので、注意が必要です。

パフォーマンスとして最高

個人的にはアウトドアで重要視しているパフォーマンス。
いや、ダッチオーブンの性能のことではなくて、「魅せる」方です。

あの、調理したものをどどーん!とフタを開けて見せる感じ。魅せる感じ。
周りの視線。気持ちいいですね。

料理のインパクトもいつもより3割まし。

ダッチオーブンの種類

ダッチオーブンですが、様々な種類があって、
どうすればいいんだ!なんて日だ!って人も多いかと思うので解説。

判断基準

おそらく購入を考えてる人の判断基準は以下のようになるかと。

  • メンテナンスのしやすさ
  • シーズニング1)ダッチオーブンの慣らし作業。油をなじませながら鉄を鍛える作業のことです。の要不要
  • 価格

ちなみに、メンテナンスのしやすさと価格は比例します。
なので、メンテナンスがしやすいものは高い、と思ってください。

素材の違い

素材の3強

素材は概ね以下の3つ。

  • 黒皮鉄板
  • ステンレス
  • 鋳鉄

この他にもアルミ製のものもありますが、ごく少数で、使っている人も少ないと思います。

素材による扱いやすさの違い

素材によって、扱いやすさがだいぶ変わります。

 黒皮鉄板 ステンレス  鋳鉄
 シーズニング  不要 不要  必要
洗剤の使用  ◯ ×
メンテナンスの容易さ  ◯ ×
価格  安
熱伝導
割れ 難い 難い 易い

この他にも、それぞれ得意不得意な料理などの特徴がいくつかあります。

サイズの違い

家庭で使う、または少人数のアウトドアの場合は10インチ(25cmくらい)がおすすめ。
大人数のアウトドアだったら最低でも12インチは必要です(30cmくらい)。

ちなみに、丸鶏2kgを丸焼きする場合は、12インチがベストです。
ゴロゴロの野菜を入れてちょうどいいサイズ。

どれを選ぼうか迷ったら

で、結局どれがいいの?って話なんですけど、
自分の性格と予算と相談するのがベストだと思います。

面倒くさがり、扱いやすさ重視、予算も豊富な方

間違いなくステンレス製です。
なんといっても、シーズニング不要、洗剤の使用も可能で、他の素材のものに比べて若干軽い。

調理をすると本体が熱くなるダッチオーブンでは、
軽い方が安全に取り扱えると思います。

 

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン(10インチ) ST-910
ソト(SOTO) (2012-04-05)
売り上げランキング: 14,763

 

ただし、価格は10インチで20000円程度(2016年9月時点)と、少々お高めです。

お手入れは、家のお鍋を洗うように、洗剤で洗えて、ステンレスなので錆び知らず。
本当に扱いやすいです。

手間かからなくて、安いものがいい方

黒皮鉄板製をおすすめします!

価格差はステンレスに比べて5000円程度安く、10インチで15000円前後です。

 

 

ステンレスと同様、洗剤とスポンジで洗えます。
ユニフレームの公式サイトでは、金タワシも使えると謳ってますね。黒皮鉄板ですが、中華鍋やBBQ用鉄板に使われていることが多く、錆びにくく割れ難いです。ただし、完全に錆びないわけではないので、適度にシーズニング処理が必要です。

手入れだって楽しめちゃう、とにかく安いものを求める方

これは何と言っても、鋳鉄製です。

値段も、他の2つに比べてかなり安いです。

 

 

10インチで9000円弱ってとこですかね。正直、手入れに関してはマジでめんどくさいですよ。
調理するよりも手間も時間もかかるんじゃないかって感じです。でも、それは鋳鉄製の楽しみの一つでもあって、
オンリーワンのダッチオーブンを育てていくための一コマなんです。ブラックポッドと呼ばれる、使い込んだ末に黒光りするダッチオーブンまで
育て上げる楽しみを味わえるのが鋳鉄製です。

やっぱりおすすめは鋳鉄製

鋳鉄製は、育てていく楽しみもありますが、熱伝導性、赤外線の放出レベルも違います。
遠赤外線で外はパリッと、中はジューシーなんて調理ができますよね。

なんて、御託を並べたって、やっぱり育てていく楽しみを存分に味わってるだけなのですが笑

References   [ + ]

1. ダッチオーブンの慣らし作業。油をなじませながら鉄を鍛える作業のことです。