「LAYLA」 GLAYの歌詞を読む

どうも、こんにちは!
今日もGLAYの歌詞を読みますあっきぃです。

今日の「GLAYの歌詞を読む」は
「LAYLA」です。

LAYLA歌詞

=======
GLAY復活の「Re-birth」で初披露された曲です。
このときの武道館に参加しましたが、涙が止まらなかった。
映像はLiBツアーのもの。ギターソロ後の流れが涙を誘います。
=======

それでは早速歌詞を読み解きましょう。


LAYLA 「次に生まれて来る時も自分がいい」
LAYLA そう誇れるお前に憧れていたよ
LAYLA 人は誰しもそうは生きられないけど
LAYLA OH

ーこの部分はおそらくTAKUROが以前付き合っていた彼女のことを歌ったもの。(胸懐参照)
この部分で、低迷期の葛藤(自分たちはどうあるべきなのか)を表している。

LAYLA 夢を追うというのは無知で残酷だな
LAYLA 歩みの中で優しさとははぐれたよ
LAYLA 俺達が望んでた未来は遠くに
LAYLA 見えるよ

ー自分たちがやりたいこと(音楽を楽しむということ)だけをやりたかったのに
どんどん商業的になっていくGLAYとそれを取り巻く環境にどうしようも出来ないことへの憤り。
かつて夢見ていた、楽しく音楽を続けたいということはどんどんと薄れていく。

疲れた足取りと重い心 冷たい部屋の闇 鏡の前
「一番大切なモノは決して目に映るモノじゃない」
と判った振りの自分がいる

ー疲弊していく自分たちと、どうしようもない心
暗闇の部屋で鏡に映った自分たちを見て、
決して、目に見える記録やお金などが大切なものではないと気付く

まだ俺はやれるのさ かつてのように器用には
WOW うまく振る舞えないかもしれないけれど
諦めに舌を出し 消せないのなら戦おう
LIVE FOREVER
足の震えを隠し明日に挑むんだ

ー以前のように、ヒットを連続させるようには活動はできないし、
そういった時期があった事実は消せもしない。
自分たちの過去と比較されることはさけられないけど、それでも怖がっているのではなく
未来へ挑戦する

LAYLA いつもの改札でまたねと手を振って
LAYLA 見えなくなる僅かな時の中でさえ
LAYLA もう会いたくなるよな激しさは胸に
LAYLA まだあるか?

ーいつものように別れる中で、抑えきれない衝動はまだのこってるか。

何を犠牲にして何処へ行く?
汚れたこの手で誰を抱く?
誰よりも特別な愛でLAYLA
包み込んでくれたのに
いつも素直になれなくて

ー今、何を捨てて、どこへ行くのか。
当時、よくしてくれた彼女(ファン)を傷つけてしまったのに誰を愛せるのか

「優しい愛に巡り会ってね」と別れの声を聞いた
WOW 春の嵐吹きすさぶ若葉の頃
面影も残さずに生き急ぐようなあの日々の2人に
たった一つ残った夢の続きを

ー忙しすぎて、どうだったかの記憶さえ曖昧な2人の日々でも
その中で唯一残っている、自分が信じて続けるべき夢を
別れた今でも老い続けよう

夢に破れた俺をお前は一言も責めなかった
俺達はどんな惨めな時も冗談を飛ばし合った
今はうつむいてばかりはいられない

ー活動がうまく行かないときでも、応援してくれるファン(彼女)がいた
自分たちは、どんなに苦しいときでもいつものように笑い飛ばした
もう、下を向いているのはやめて、前を見よう

ねぇ LAYLA
まだ俺はやれるのさ かつてのように器用には
WOW うまく振る舞えないかもしれないけれど
知らぬ間に閉ざされた心の鍵を壊すんだ
LIVE FOREVER
次に生まれてきてもまた逢おう

ー自分たちも気付かぬ間に閉ざしていた心をいま開いて
これからもずっと音楽を続けていく

同じ空を見上げては明日を生き抜く糧を得る
聴こえるか?
巡り会えた 優しさと愛情の歌を
LAYLA…

ー同じ地球で、このLAYLAという曲はファン(彼女)に届いているだろうか。
大切なファン(彼女)と出会えた喜びを歌ったこの歌が。 

この曲、2面性があると思います。
1つは、TAKUROが胸懐の中でも綴っている付き合っていた彼女のことを歌った曲
もう1つは、ファンとGLAYについて歌った曲。
彼女とファンはどちらもLAYLAと置き換えられます。

今回の訳は、ごちゃまぜになっていますが。。。

*あっきぃ*